お知らせ

大阪府からのお知らせ

制度概要

制度概要

制度概要

制度概要

大阪府育英会の奨学金貸与制度のお知らせ

制度概要

学校教育法に規定する高等学校等に進学を希望する者又は在学する者で、向学心に富みながら経済的理由により修学が困難な生徒に対し、奨学金を貸し付ける制度です。

〔奨学資金〕

申込資格

(1)学校教育法に規定する次の学校に在学又は入学予定の生徒であること。
(2)父母等の保護者が大阪府内に住所を有すること。
※保護者とは、民法による親権を行う者又は未成年後見人をいい、保護者がいない場合は生徒の生計を支えかつ学費を負担する者をいいます。

申込資格

(3)保護者の所得(市町村民税所得割額)の合計が次のとおりであること。

申込資格

※[別表]は「大阪府育英会」のホームページをご覧ください。
※年収のめやすは、4人世帯の場合の一例です。実際の額は家族構成(扶養状況)等により異なります。

奨学金の貸付額と貸付時期

貸付金額

貸付時期

※年収のめやすは、4人世帯の場合の一例です。実際の額は家族構成(扶養状況)等により異なります。

貸付時期及び方法

貸付時期及び方法は、貸付年額に応じて、年1回から3回に分けて奨学生本人の預貯金口座に振り込みます。

募集時期

4月中旬に大阪府育英会から奨学生の募集案内が届きます。朝・終礼時に担任の先生から連絡がありますので、希望者はその時に担任の先生に申し出てください。尚、申込については締切厳守ですので、締切日を確認し、期限内に担任の先生か奨学金担当の先生に書類を提出してください。


日本学生支援機構大学等予約奨学金 募集について

5月20日(土)に奨学金説明会を行いました。ついては、日本学生支援機構大学等予約奨学金の第一種(無利子)・第二種(有利子)・給付型奨学金の申込みを希望する人は、6月9日(金)までに 「奨学金案内」を熟読した上で、必要書類を提出してください。

また、日本学生支援機構奨学金は今年度より以下のような制度改正が行われています。

• 給付型奨学金(返還不要)制度の開始
• 第一種(無利子)の低所得世帯に係る学力基準の実質的撤廃
• 第一種(無利子)の貸与人数の拡大
• 第一種(無利子)の機関保証料の引き下げ
• 第一種(無利子)の貸与月額の新設
• 第一種(無利子)の新たな返還方式の新設(所得連動返還方式)
• 減額返還制度の拡充(検討中)

・今年度から始まる返還不要の『給付型奨学金制度』への申込資格は、①住民税非課税世帯②生活保護受給世帯③社会的養護を必要とする人です。高校毎の推薦枠(本校は4名)が決められており、 応募者の中から校内で策定された別紙推薦基準に則り選考いたします。推薦枠には卒業後2年以内の人を含みます。
・給付奨学金は学校から推薦できる人数及び給付額に限りがあるため、真に資金が必要な人は第一種奨学金等との併願をお勧めいたします。貸与型奨学金は、不要になった場合は進学時に辞退できます。


各種証明書・届出用紙について

各種証明書の交付

以下の書類を取り扱っております。発行にはそれぞれ数日がかかりますので、余裕を持ってお申込みください。
ご不明な点はお問合せください。

各届出について

通学経路・住所・身上異動等の変更は速やかに学校へご報告願います。

通学経路変更

通学の利用交通機関を変更(スクールバスを含む)する場合は、担任に申し出、次の書類を提出してください。
    『通学乗車区間変更届書』
    『生徒証明書』
    『スクールバス利用申込書、または辞退届(利用者のみ)』
各届けを提出いただくことにより、「生徒証明書」を変更し新たな通学定期券が購入可能となります。

各届出について

「学校生活の手引き」に様式がありますので、そちらをご使用下さい(様式12)

各届出について

保護者並びに、生徒の名前等に変更がある場合、「学校生活の手引き」に様式がありますので、
そちらをご使用下さい(様式12)