四天王寺羽曳丘学校通信 四天王寺羽曳丘高等学校

高校3年

5月10日(火)球技大会を実施しました。男子は、バレーボール。女子は、ソフトバレーボールを使用したドッジボールをしました。4限目、高校1年生予選 5限目、高校2年生予選 6限目、高校3年生予選 7限目、決勝。 

高校1年生は、2クラスなので3ゲーム行い2勝したクラスが決勝へ進みます。

高校2年生は、3クラスなので総当たりで2勝したクラス、または1勝1敗になった場合は得失点差で1クラスが決勝へ進みます。

(続きを読む…)

公開日時 : 2016年5月10日 火曜日

平成28年1月14日(木)、四天王寺の修正会(しゅしょうえ)、結願(けちがん)日に行われる「どやどや」に参加しました。

修正会(しゅしょうえ)とは平安時代より、日本の各寺院で行われる国家の平安や五穀豊穣を願って行われる法要のことで、四天王寺では毎年元旦より14日間続けて行われています。

1月14日はその修正会の最後の日(結願日)で、元旦から14日間加持祈祷(かじきとう)されたありがたいお札がお堂の天井からまかれ、それを古来、近隣の若い衆が「どやどや」っと集まって奪い合ったことから、どやどやという行事となったとされます。

(続きを読む…)

公開日時 : 2016年1月20日 水曜日

体育祭も32回目を迎えます。 9月17日(金)の今日は、予行&昼から設営になっていましたが朝からあいにくの雨! グラウンドは表面が軟らかく使用不可ということで、予行は体育館と講堂を使用し行いました。 何か久々の雨です。 誰でしょう雨男or雨女は?(笑)

(続きを読む…)

公開日時 : 2015年10月1日 木曜日

5月30日(土)13時30分より「卒業生を囲む会」を本校講堂にて実施しました。
今年本校を卒業した6名の先輩たちをお呼びして、合格体験記やこれからの受験戦争を勝ち抜くための心構え等について話していただきました。
生徒の目線からの体験談は日頃の進路指導とはなた違い、良い刺激になり、これからの受験に向け、参考になる話ばかりだったのではないでしょうか。
高校3年生は、間もなく受験に突入です。先輩方に続くべく粘り強く、最後の最後まで頑張って下さい。

「卒業生を囲む会」に参加した卒業生
船石眞輝君(龍谷大学農学部)
渡邉彩乃さん(関西大学文学部)
金丸眞弘君(関西学院大学経済学部)
青野伶奈さん (大阪教育大学教育学部)
邨田賢祐君(高知工科大学システム工学科)
出 千春さん(愛媛大学総合政策学部)

公開日時 : 2015年6月3日 水曜日

5月28日(木)15時30分より本校講堂にて高校3年生の進路説明会を実施しました。
まず、株式会社『マイナビ』安田健一氏を招聘し「残りの高校生活でやるべきこと」と題して講演をしていただき、次に、本校進路部長近藤より「昨年度の入試結果と今後の入試のながれについて」の説明があり、最後に、学年主任岩崎より「残りの高校生活のあり方について」の話がありました。
生徒達は来る入試に向け真剣に話を聞き、メモを取っていました。また、平日にも関わらず保護者の方もご参加くださいました。

公開日時 : 2015年6月3日 水曜日
category : 高校3年

今年の球技大会の種目は、男子はバレーボール、女子はドッジボールでした。
高校3年生予選では、男女とも1・2組が決勝に駒を進めました。結果、男子は優勝1組、準優勝2組。女子は1組が準優勝と大健闘してくれました。

公開日時 : 2015年6月3日 水曜日

5月9日(土)高校3年生が 「授戒灌頂会」に入壇しました。
「授戒灌頂会」とは、仏教の戒を授かり、霊水を受けて仏と一体となることを目指す密教の儀式です。結縁灌頂ともいいますが、歴史は古く、この儀式が四天王寺で最初に催されたのは平安時代末期のことで、後白河法皇が受者として行われました。
普段の教室とはまた違った雰囲気で様々なことを学び、卒業に向け、自分を見つめ直す大切な機会になったことと思います。

公開日時 : 2015年5月13日 水曜日